NLPとは

人の経験構造を研究する事により、概念が構築される様子を一連のモデルにしたもの。
外界の情報や刺激をどのように人が体験して,それに対してどのように内的な反応を起こすかの仕組みを分析して、 基本モデルがつくられた。
それを応用する事で、ある目的に沿ったさらに効果的な反応の仕組みを(再)構築することが可能。

NLPはコミュニケーションの技術あるいはツールとも呼ばれて、特に「アウトカム」の明確化と、 そこへ到達するための、「リソース」の発見を大切にしている。
  • アウトカム⇒目的・ゴール・成果・望ましい状態
  • リソース⇒資源・資質・その他ゴールを達成するために使えるありとあらゆるもの … 人間関係も含まれる

はじまり

1970年代に米国カリフォルニアで言語学と心理学を基礎として発達した。
ジョン・グリンダー(言語学者)とリチャード・バンドラー(心理学を学ぶ学生)によって研究され、 実用化された学問である。
当時3人の天才セラピストと言われた、ミルトンエリクソン(催眠療法)・バージニアサティア(家族療法)・フィリッツパールズ(ゲシュタルト療法)の卓越した治療法からパターンを見つけ出し、 モデルを作り出した。
その効果は強力で、しかも即効性が高く短時間に人々が意欲的になる事が評判になり、 米国の多くのセラピストがその手法を学び治療活動へ導入し、 やがて世界へと広まった。
又、成功者を分析しモデル化するツールとしても活用されている。
アウトカムの明確な設定と問題の発見という2つの基本アプローチによってNLPはアウトカムの実現に非常に効果的である。
そこで、医療から教育へ、やがてビジネスはへ、そして芸術やスポーツなどのさまざまな分野へと広がった。
米国以外では、ヨーロッパやロシアなど世界各地で学ばれ応用されている。
NLP自体は時代に合わせて進化している。

簡単にいうと

神経言語プログラミング(neuro-lingustic-programming)は・・・
  • ニューロ(神経)
  • リングスティック(言語)
  • プログラミング(組み立てる)
という言葉が三つ、つながったものです。
人間の行動は、基本的に視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚という神経経路から発しており、 又、言語の部分は、思考や行動を順序だてたり、他人と通じ合うために用いる。
そして、我々は自由に思考や行動を組み立てている。
NLPはこういう主観的体験の構造をモデル化したものである。

どういう分野で役立つの

上記に述べた以外に、ベトナム戦争帰還兵のトラウマ治療に強力に効いたNLPは、医療だけでなく、 芸術、スポーツへと、広がり、今も進化を続けている。
セラピストやカウンセラーのようなプロだけでなく、目標や成果を決めて達成していくタイプの職業、 イメージトレーニングやメンタルトレーニングが有効なあらゆるジャンルのプロから、 人間関係に関わる援助職に分野までと幅広い。

で、どうなるの

問題の究明と望ましい状況の明確な設定と言う二つのアプローチによって成果の実現を容易にします。
日常的に自動的にやっている行動、会話、考え方などにその人のパターンがあり、これを見つめなおす事ができる。
さらに肯定的なものの見方、考え方を身に付けます。
学習の促進、成功しやすい思考とコミュニケーションの効果的な方法、カウンセリングやコンサルテリングの手法などを入手できる。



Copyright 2006(C) Kakizaki All rights reserved.