7、意思の法則


私たちの意志は、私たちがその事に持つ興味の度合いによって発揮される。
自分の興味のある事には意志が強く、興味の弱いものには意志も弱いのである。
人は、権力や快楽に対しては意志を発揮しやすく、自分自身の成長に対しても強い意志を発揮するという共通の要素を持っている。
意志は人間にとって絶対的な力ではなく、希望、愛、信念などには及ばない。
希望、愛、信念は意志を超え人間にとって基本的なエネルギーである。
意志が弱いと言われている人が愛する人が出来ると別人になり、信念はあらゆる困難に耐えても貫くその人自身の存在証明になるし、希望は生きる勇気と意欲を与えてくれる。
意志は取り組むものによって強さが異なる。
意志を強くするには、取り組むものに対しての知識を深くし、興味を大きくしてゆくことである。
もし貴方がかつて「意志が弱い」と言われたことがあるなら、それは意志の強さではなくて、興味差にすぎなかったのである。
貴方は貴方の好きなことには時間も忘れて熱中していたのだから、人は誰でも好きな事には意志が強いのである。
90%の人は、自分は意志が弱いと思い込んでいると言われております。
貴方の意志は貴方が思い込んでいるよりも、ずっと強いものです。
意志は心の習慣であり、態度である。毎日練習し、良い習慣を身につければ意志の強い人になれる。

貴方の意志は身体や行動は21日間、考え方、心のもち方は100日間で習慣となって強化される。
貴方が意志の強い人になるには21日間の持続と100日間の維持です。
この法則のコツは、21日間続けてみる事です。
戻る

Copyright 2006(C) Kakizaki All rights reserved.