4、思考の法則


人間は考える動物であり、全ては考えた結果である。
ウイリアム・ジェームスが「思考は実現化する」と言った事を最新の大脳生理学、心理学ははっきりと証明しています。
今の貴方は貴方の考えた事を表現している、貴方の思考の結果なのです。
私たちは行動や表現、その言っている言葉によって人を理解するが、何を理解するかといえばその人の考えを理解するわけです。何か悪い行動をした場合、悪いのはその行動よりも、その考え方が悪い。その考えがその行動を起こさせてのです。
私たちが一生の間に体験する問題は、ほぼ似たようなものである。
金銭、病気、死、天災、事故、恋愛、結婚、育児等・・・。しかし、それにどう対処するかは、一人一人の考え方によって対処の仕方が違ってくる。
うまく切り抜ける人もいれば、失意に沈む人も、不幸になる人も、その問題をチャンスとして成長する人もいるのです。
人間である以上、事故の1つや2つ、幾つかの恥ずかしい失敗や病気などは誰でも抱える問題であり、自分だけが直面するわけではない。
その様な問題が自分の人生を左右し、成長を妨げ、不幸にする原因ではない。
それを自分の人生の大きな問題、失敗、弱点と考える考え方が問題なのである。
貴方の行動は貴方の思考がもたらしたのであり、今の幸、不幸、人生の状態は貴方の過去と現在の思考の表現されたものである。
今こうしてこのテキストで学んでいる貴方は、必ず人生の充実感と幸福を手に入れる事ができる。
もっともっと成長する人である。なぜならもっと自分の人生を良いものにしようと考え、決意して貴方はこのテキストを学んでいるわけですから、いまのこの貴方の思考が明日の貴方の人生表現になる。不幸が問題なのではなく、その問題を不幸と考える事が不幸なのである。
貴方の人生は貴方の考えた結果です。
ピンチはチャンス、困難は成長のきっかけ、不足は工夫の始まり。
この法則の有効活用はどんな時でも前向き、積極的に考える事です。
どんな困難な時でも道はあるのです。
さあ、今日からピンチはチャンス、より充実した人生へのスタートです。
戻る

Copyright 2006(C) Kakizaki All rights reserved.